header

風俗は過去の自分からのプレゼントだと思ってます

風俗は過去に頑張った自分へのご褒美だと思って利用しています。

post1

何となく謎が解けた気分

投稿日:2016年2月26日

お昼にTELをして、待ち合わせの1時間前に確認の最終TELです。そこで待ち合わせ場所の変更依頼・・定期券の範囲内でOKでしたけど、範囲外でも交通系のカードがあるので便利になりましたよ。変更があったのは女の子の事情で、先客と別れる場所がそのあたりで、動かなくていいから都合がいいとのことです。前から思っていたのですけど、客が変わるたびに下着を取り替えるなんてことはやっぱりないのですね。今回のことで初めてわかったような気がします。それなら女の子の私服にブラジャーやパンティにも触れてはいけないというのもわかるような気がしますというか、これが理由だったのかという感じですよ。それでも先客が舐めまくったおまんこを即クンニしたら間接キッスになりかねないな、なんて妄想が果てしなく進んでしまいます。でも、これは考えられないことではないので妄想の範疇を超えているようにも思えますよね。なんてことを考えながらデリヘル嬢と合流しました。

post2

ほんとに地雷女がいなくなった

デリヘルが登場した頃は、毎回のごとく地雷に悩まされながらそれでも利用していた暗黒時代・・90年代の後半に誕生してここ最近まではひどかったですよね。それがこの1年か2年くらいから、めっきり地雷というか不細工な女の子はいなくなったような気がします。これは口コミでも話題になっていたのですけど、なんでも需要よりも供給側、つまり女の子がデリで働きたい、あるいは風俗嬢になりたいなんて女の子が多くなってきたらしんです。そしたらお店も数合わせのために地雷女を置いておく必要もありませんし、フリー要員なんかも必要ないですからね。不細工女専門デリやデブ専などもありますから、マニアはそっちにいったらいいし、逆に不細工女でも大丈夫という男性はある意味風俗を楽しむ達人としてうらやましいかも。だから、今はすごく良い時代になっていると思うのです。ずっとこんな感じで続いていったらいいなと思って、今日もデリヘル嬢呼びましたよ。フリーでも安心なところが素晴らしいです。